タイヤ交換

Category : パナメーラ
本日は、パナメーラのタイヤ交換を行っております。

DSCF7394.jpg


このパナメーラのタイヤですが、国内在庫がなく、

本国にも在庫がなく、非常に納期がかかりました。

DSCF7397.jpg


長い間、お待たせいたしまして申し訳ございませんでした。

これで、安心してお乗り頂けるかと思います。

ご入庫、誠にありがとうございました。

パナメーラ

Category : パナメーラ
Newパナメーラに、ベースグレードと

エグゼクティブバージョンが間もなく追加されます。



ポルシェジャパンHPより

日本.ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、ロサンゼンルスモーターショーにおいて発表したニューパナメーラの243kW(330PS)を発生する新型V6ターボエンジン搭載モデルおよびボディを延長したエグゼクティブバージョンの予約受注を、全国のポルシェ センターにおいて12月9日(金)より開始します。

新型V6ターボは、先代パナメーラに搭載されていたエンジンの最高出力を20PS上回りながら、燃料消費量はさらに1.0リッター/100km低減されています。また、後輪駆動のパナメーラ、4WDのパナメーラ4、さらにロングホイールベースのパナメーラ4エグゼクティブに新しい330PSエンジンが搭載されます。最高出力330PSを備えたパナメーラとパナメーラ4は、エントリーレベルを見直しました。また150mm長いホイールベースを備えたエグゼクティブモデルは、トップエンドのグレードで、ボディと装備を拡大しました。ショーファードリブンとして設計されたロングバージョンには、4WDのパナメーラ4エグゼクティブ(243kW/330PS)、パナメーラ4 E-ハイブリッドエグゼクティブ(340kW/462 PS)、パナメーラ4Sエグゼクティブ(324kW/440PS)、およびパナメーラ ターボエグゼクティブ(404kW/550PS)が用意されています。

ニューポルシェパナメーラ エブゼクティブは、さらに充実した装備を誇ります。標準装備には大型パノラミックルーフ、フロントとリアのマルチウェイ電動調節式コンフォートシート(ヒーター付)、電子制御ダンパーシステム(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム/PASM)を含むアダプティブエアサスペンション、および後席ヘッドレスト後方のロールアップサンブラインドが追加されます。パナメーラ4Sエグゼクティブとパナメーラ ターボエグゼクティブには、リアアクスルステアとソフトクローズドアも標準装備されています。最もパワフルなモデルであるパナメーラ ターボエグゼクティブには、4ゾーンクライメートコントロール、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)を含むLEDヘッドライト、およびアンビエントライトなども追加されています。

ポルシェパナメーラ エグゼクティブ全モデルに、2組の折り畳み式テーブルと新開発の大型リアセンターコンソールがオプションで用意されています。エグゼクティブバージョンのエクステリアは、既存のパナメーラ モデル同様に、スポーツデザインパッケージによってさらなる個性化を図ることができます。

特に中国と米国でショーファードリブンとしてニーズが高いエグゼクティブ仕様のもうひとつの便利な装備オプションが、最新世代のポルシェ・リアシートエンターテイメントとなります。フロントシートのバックレストに統合された10.1インチディスプレイは取り外して広範に使用することが可能で、必要に応じてパナメーラの後席が完全にデジタル化された仕事場に変わります。そのディスプレイは車外でもタブレットとして使用できます。

今年6月にワールドプレミアイベントでデビューした第2世代のパナメーラとして4WDモデルのパナメーラ4S、パナメーラ4 E-ハイブリッド、およびパナメーラ ターボの予約受注がすでに日本国内でも開始されています。新しい330PSバージョンとエグゼクティブモデルの追加によって、ポルシェパナメーラ レンジには最高出力330PSから550PSまでの9モデルが揃う事になります。

車種             トランスミッションハンドル希望小売価格
(消費税込価格)
パナメーラ8速PDK¥10,940,000
パナメーラ48速PDK¥11,440,000
パナメーラ4エグゼクティブ8速PDK¥13,030,000
パナメーラ4 E-ハイブリッド
エグゼクティブ    
8速PDK¥15,290,000
パナメーラ4Sエグゼクティブ8速PDK¥17,620,000
パナメーラ ターボエグゼクティブ8速PDK右/左*¥25,400,000

*2017年モデル左ハンドル車の予約受注は、2016年12月9日(金)から2017年1月9日(祝)の期間限定となります。

新型パナメーラ

Category : パナメーラ
新型パナメーラの動画がありましたので

ご紹介いたします。

内装の雰囲気がよくわかる動画になっております。

パナメーラ

Category : パナメーラ
新型パナメーラに新たなラインナップが加わりました!

パナメーラ4 E-ハイブリッドです。

10月11日より予約受注です!

無題

ポルシェホームページより


パナメーラ4 E-ハイブリッドの予約受注を開始
持続可能性とパフォーマンスを高い次元で融合

日本. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、パリモーターショー(開催期間:<一般公開>2016年10月1日[土]~16日[日])にワールドプレミアとなるパナメーラ4 E-ハイブリッドの予約受注を10月11日(火)より全国のポルシェ正規販売店にて開始いたします。

このプラグインハイブリッドモデルは、電子制御式の4WDを備え、電気モーターのみによる航続距離は50kmに達します。システム最高出力は約340kW(462PS)を発生、燃料消費量は新ヨーロッパ走行サイクル(NEDC)で2.5リッター/100kmとなっています(CO2排出量は56g/km)。


新しいポルシェのプラグインハイブリッドは、つねに電気の力のみで走るEパワーモードでスタートし、ゼロエミッション車として最高速度140km/h、最大航続距離50kmまで走行が可能です。それと同時に、このパナメーラは、ラグジュアリーサルーンにおけるスポーツカーでもあります。この4WDのポルシェは最高速度が278km/hに達し、静止時から遅滞なく700N・mのシステムトルクを発生します。この4ドアハイブリッドスポーツカーはわずか4.6秒で100km/hに到達することが可能です。トルクは4輪全てに伝達され、標準装備の3チャンバーエアサスペンションが快適性とダイナミズムの最適なバランスを常時確保しています。

918スパイダーと同様、いつでも追加のパワーを得るために電気モーターを利用することができます。これにより、新しい2.9リッターV6ツインターボエンジンのパフォーマンス(243kW/330PS、450N・m)と相まって、電気モーターとターボチャージャーをベースにした圧倒的なブーストが可能になっています。

パナメーラ4 E-ハイブリッドでは、電気エネルギーは車両の最高速度も向上させています。この新しいタイプの“E-パフォーマンス”(さらなるパワー、さらなるドライビングの愉しみ、より少ない燃料消費量)は、ポルシェでは未来のパフォーマンスキットと考えられています。

新しいハイブリッドモジュールと迅速なシフトチェンジの8速PDK
V6ガソリンエンジンのクラッチと相まって、この電気モーターは新世代のポルシェのハイブリッドモジュールの到来を告げています。先代モデルの電子制御油圧式のシステムとは異なり、ニューパナメーラのクラッチは、電気クラッチアクチュエータ(ECA)によって電気機械的に制御されるため、応答時間がよりいっそう短縮されています。

他の第2世代のパナメーラモデルと同様、極めて迅速かつ効率的にシフトチェンジを行う新しい8速ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)により動力が4輪に伝達されます。このトランスミッションは、先代モデルの8速オートマチックトルクコンバータトランスミッションに置き換わるものです。

電気モーターに電力を供給するのは、液冷式のリチウムイオンバッテリーです。バッテリー(ラゲッジコンパートメントのフロアの下に設置)は、エネルギー容量が9.4kWhから14.1kWhに増大したにもかかわらず、重量は同じままです。この高電圧バッテリーは、230V、10A接続でフル充電されるまでにわずか5.8時間しかかかりません。パナメーラに標準装備される3.6kWのチャージャーの代わりに、オプションの7.2kWの車載チャージャーと230V、32A接続を選択した場合は、バッテリーはわずか3.6時間でフル充電されます。


12.3インチタッチスクリーンはPCMの集中管理およびディスプレイユニットとして機能します。ドライバーはダッシュボードにあるこのディスプレイでもメータパネルでもハイブリッドシステムに関する様々な情報にアクセスすることができます。ブーストアシスタントとハイブリッドアシスタントは実用的かつ有益です。ブーストアシスタントディスプレイはブーストに利用できるエネルギーを表示し、ハイブリッドアシスタントは電気走行のパワーに関連する様々な情報を目に見える形で表示します。

“Hybrid Auto”モードで究極の効率性
ステアリングホイール内蔵のモードスイッチを備えたスポーツクロノパッケージは、パナメーラ 4 E-ハイブリッドでは標準装備となっています。モードスイッチとポルシェ コミュニケーションマネージメント システム(PCM)を使っていくつかのドライビングモードを選択することができます。これらのモードには、 “スポーツ”、そしてスポーツクロノパッケージを装備したパナメーラモデルには “スポーツプラス”があります。ハイブリッド専用のモードは、“Eパワー”、“ハイブリッド オート”、“Eホールド”および“Eチャージ”があります。

パナメーラ4 E-ハイブリッドでは、常にエレクトリックパワーのみの”Eパワー”モードでスタートします。“ハイブリッド オート”モードは全く新しく開発されたドライビングモードで、選択するとパナメーラは究極の効率性を実現するために自動的にエレクトリックシステムとエンジンの駆動を組み合わせます。
“Eホールド”モードでは、バッテリーの充電状態を維持することにより、例えば目的地の環境保護域内をゼロエミッションで走行する場合など、ドライバーは電気モーターのみで走行することが可能になります。また、“Eチャージ”モードではV型6気筒エンジンによってバッテリーが充電されます。このため、ガソリンエンジンは実際の走行に必要なレベル以上の出力を発生します。
パフォーマンスを最大限に発揮するのが“スポーツ”と“スポーツ プラス”モードです。これらのモードでは、V型6気筒ツインターボエンジンが常に作動します。“スポーツ”モードでは、バッテリーの充電が常に最小限に保たれ、必要なときに十分なブーストを得ることができます。
“スポーツ プラス”モードは最大限のパフォーマンスを発揮するためのもので、パナメーラは最高速度の278 km/hに達します。このモードでは可能な限り早くV型6気筒ツインターボエンジンを利用してバッテリーを充電します。
プラグインハイブリッドモデル、パナメーラ4 E-ハイブリッドを含むニューポルシェ パナメーラのラインナップはヨーロッパでは4モデルで、全て4WDとなります。日本で予約受注を開始しているモデルラインナップは、パナメーラ ターボ(404kW/550PS)、パナメーラ4S(324kW/440PS)、パナメーラ4 E-ハイブリッド(340kW/462PS(システム最高出力))の3モデルとなります。これらのモデルはスポーツカーとラグジュアリーセダンを高い次元で融合したグランツーリスモコンセプトを象徴し、他に類をみないダイナミズムと快適性の組み合わせを実現しています。

ポルシェ パナメーラ4 E-ハイブリッド 希望小売価格 (2016年10月11日より)


希望小売価格 (消費税込価格) パナメーラ4 E-ハイブリッド 8速PDK 右 ¥14,070,000

新型パナメーラ

Category : パナメーラ
新型パナメーラのカーコンフィギレータが

ポルシェのホームページにアップされております。

新型パナメーラのオプションやボディーカラーなど

自分好みに見積りができます!

ぜひ一度お試しください。


http://www.porsche.com/japan/jp/modelstart/all/?modelrange=panamera