♯30プリウスaprGT

Category : その他
0147-765x510.jpg
鈴鹿サーキットで開催されたスーパーGT第6戦において♯30プリウスaprGTは、

ハイブリッドシステムを搭載していませんでした。理由は熱の影響でセーフティー

システムのエラーが起き、本来の性能を発揮できない状況が続いているという

ことからハイブリッドシステムを下ろすことを決めました。カローラ三重グループ代表で

スーパーGTドライバーでもある永井社長は、走る実験室としてさまざまなハイブリットの

トライをしながらスーパーGTを戦う中で開発の可能性を見出す役目も担っていますが

熱の問題は非常に難しく、チームとしても厳しい決断でした。今後対策がなされますが

こうした経験がトヨタの次の技術発展につながっていくことは間違いないでしょうね!

Comment

非公開コメント